スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業の税金について

今回は、副業の税金について書いていきますね。

副業の税金のことについて、その申告の方法とかご存知でしょうか?
副業の税金など考えただけでも面倒な気がしますね。
私もそうです(笑)
そうはいいましても、副業税金については勉強して詳しくなるに越したことはないです。
もしかして、副業税金については、所得税を払うだけとか思っている方がいるかもしれませんが、実は、副業の税金は所得税を払うだけではありません。

例えば、源泉徴収をサラリーマンであっても確定申告をすることで払いすぎた税金を還付してもらえる事もあります

副業の税金については、自分で勉強して税金に詳しくなり、税金を払いすぎることのないようにしましょう。

税金の制度だけは詳しくなっておいた方が様々な面で得です。


例えば普通に会社勤めをするサラリーマンが副業税金の申告をするとします。
その副業がアフィリエイトによるネット収入だったとして、そのネット収入は、どの所得区分になるのかということをご存知でしょうか?
場合によって事業所得とされることもあるのですが、サラリーマンのように、他に主な所得があるという場合には、通常「雑所得」となることが多いです。

これは、個人個人で税務署の判断に委ねることになります。

所得計算はといいますと、所得とは、収入額から必要経費を引いた額となります。収入がそのまま所得ではありませんので注意です。

必要経費は、その所得を得る為に必要とした費用のことですから、
ネット収入の場合などはインターネット接続料金などが主となります。

雑所得をwikiでみてみますと

1年間の雑所得の所得金額(収入から必要経費を差し引いたもの)の合計が20万円を超えると、確定申告する義務がある。20万円以下なら確定申告してもしなくてもよい(雑所得以外の要因による確定申告の義務がある場合は別)。

近年、インターネットビジネスなどで多額の雑所得を得ているサラリーマンが確定申告していなくて、税務当局から摘発される事例が増えているので、注意が必要である
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』最終更新 2007年7月3日 (火) 13:38。

とあります。

まずは、年間20万円稼ぎましょう♪
そこから 税金の勉強を始めても大丈夫だと思います。

税金の事を勉強しておくことは、サラリーマンでも無駄にはなりません。
なるべく、納めるのを少なくしたいですからね
スポンサーサイト

テーマ : ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル : アフィリエイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

SEO対策:アフィリエイト
SEO対策:副業
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。