スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

副業の税金について

今回は、副業の税金について書いていきますね。

副業の税金のことについて、その申告の方法とかご存知でしょうか?
副業の税金など考えただけでも面倒な気がしますね。
私もそうです(笑)
そうはいいましても、副業税金については勉強して詳しくなるに越したことはないです。
もしかして、副業税金については、所得税を払うだけとか思っている方がいるかもしれませんが、実は、副業の税金は所得税を払うだけではありません。

例えば、源泉徴収をサラリーマンであっても確定申告をすることで払いすぎた税金を還付してもらえる事もあります

副業の税金については、自分で勉強して税金に詳しくなり、税金を払いすぎることのないようにしましょう。

税金の制度だけは詳しくなっておいた方が様々な面で得です。


例えば普通に会社勤めをするサラリーマンが副業税金の申告をするとします。
その副業がアフィリエイトによるネット収入だったとして、そのネット収入は、どの所得区分になるのかということをご存知でしょうか?
場合によって事業所得とされることもあるのですが、サラリーマンのように、他に主な所得があるという場合には、通常「雑所得」となることが多いです。

これは、個人個人で税務署の判断に委ねることになります。

所得計算はといいますと、所得とは、収入額から必要経費を引いた額となります。収入がそのまま所得ではありませんので注意です。

必要経費は、その所得を得る為に必要とした費用のことですから、
ネット収入の場合などはインターネット接続料金などが主となります。

雑所得をwikiでみてみますと

1年間の雑所得の所得金額(収入から必要経費を差し引いたもの)の合計が20万円を超えると、確定申告する義務がある。20万円以下なら確定申告してもしなくてもよい(雑所得以外の要因による確定申告の義務がある場合は別)。

近年、インターネットビジネスなどで多額の雑所得を得ているサラリーマンが確定申告していなくて、税務当局から摘発される事例が増えているので、注意が必要である
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』最終更新 2007年7月3日 (火) 13:38。

とあります。

まずは、年間20万円稼ぎましょう♪
そこから 税金の勉強を始めても大丈夫だと思います。

税金の事を勉強しておくことは、サラリーマンでも無駄にはなりません。
なるべく、納めるのを少なくしたいですからね
スポンサーサイト

テーマ : ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル : アフィリエイト

副業がばれないようにするには。

今回は、会社に副業がばれないようにする方法について考えてみたいと思います。

前回の記事から 考えると 会社によっては副業を認めていないところもあるようですね
そこで、在宅ワークなどの副業により収入を得ていて、確定申告をした場合会社に副業していることがばれてしまうのは困るという人が多いのではないかと思われます。

もしなんらかの副業がばれないように、副収入を得ていることで確定申告をする場合は、
住民税の徴収方法という項目の欄で普通徴収欄に印をつけることが、副業がばれない方法の一つとなります。


これはどう言うことかというと、特別徴収の欄などに印をつけると会社に一括して住民税が請求されてしまうからです。
ですから、副業がばれないようにするには普通徴収の欄に印をつけることと、
会社側に請求される住民税は会社で得た収入分のみを支払うようにし、
副業や在宅ワークなどで得た副収入に関しての住民税は、あなたに直接請求が来るようにすることで会社にばれない可能性が高くなるという方法です

しかしこの方法については、あくまでばれにくくする可能性があるというだけで、
必ずしも副業がばれない方法というわけではありませんので注意しましょう。


ほかに副業がばれない方法として、次のようなことも考えましょう。
具体的には、あなたの副業収入を他人の収入にするという考えがあります。
あなた自身が稼いだというのではなく、例えば奥さんとか信頼できる知人などに依頼する方法です。自分とは異なる第3者の名義を借りるなどの方法で、副業をばれなくする考え方です。
あくまでこれは考え方ですから、実行するしないはよくよく善後を考えてお願いします。

なかなか難しいですね(笑)
住民税に関しては、普通徴収のところに印とつけるには
確定申告の時につけるようですね。
自分で、手続きしなければいけないので手間がかかりますが
会社にばれるよりはましだと思います。

これで、特別徴収分→会社からの天引き
     普通徴収分→自宅に請求書が郵送
となりますので 会社にはばれにくくなりますよ。

しかし、絶対にばれないという事ではないので
くれぐれも注意して 自己責任でお願いします。

テーマ : おこづかい稼ぎの第一歩 - ジャンル : アフィリエイト

副業禁止規定について

今回は、副業禁止規定について書いていきます。

副業禁止規定ってなんだろ?? と思われた方もいらっしゃると思います。
まずは そこから確認しましょう

どこの会社にも就業規則というものがありますが、その中で副業を禁止する規定がされているのが普通です
ワークシェアリングなどの影響で仕事が少なくなり賃金が削減され残業もままならないのが現状で、生活するために副業をせざるをえない人は多くなってきています。
しかし就業規則に副業の禁止規定がされていると、それを理由に解雇ということもありえるため、会社には内緒で副業を行なう、あるいは、ばれてしまうことがこわくてできないということになります

副業禁止の規定は、労働基準法などの法律で定められたものではないのですが、あくまで就業規則で規定した会社独自の禁止規定ということです。
就業規則とは、原則として就業時のルールを定めたものですから、休日や退社後の行動まで拘束する効力は元々ないのです。しかし、副業が原因で会社に損害を与えることが明確な場合などでは、会社は副業を禁止する規定を作ることが可能になります。
その禁止規定は有効であるという過去の判例もありますので、おかしなことはできないのです。
また、副業を禁止していても、通常は許可を受ければ副業は可能とされているので、遠慮せずに副業申請をしてみることも方法です。

それでもやはり 会社に内緒で副業をしたいという人は、住民税や市民税を普通徴収にして自分で払うようにすることです。会社で天引きにしておくとその金額から経理に禁止規定がばれてしまうので注意が必要です。
なお、育児休業給付を受けている育児休業中に他社でアルバイトをするようなケースでは、不正受給とされることがありますので、前もって確認しておいた方が良いと思います

まずは、会社の就業規則を確認しましょう
入社したときにみとことあるんですけどね(笑)
私も おもわず探しました・・・・・。

やはりあるものですね。

副業申請というのもどこの部署にするのかとか
その辺は 直接聞いてみないとわからないです。

会社に確認しよう という簡単な締めで
今回は終わりにします。

テーマ : おこづかい稼ぎの第一歩 - ジャンル : アフィリエイト

サラリーマンの副業について

今回は、サラリーマンが副業をすることについて書いてみたいと思います
当然メリットもありますのでそれは、本文お

最近は、日本経済は不況から脱却しつつあると言われますが、遅くまで働いているサラリーマンにはそんな実感がありませんねー。

私も同じですが(笑)

また、サラリーマンの立場がもう定職からはほど遠くなっている現実があります。
リストラの話題にも事欠きませんしね・・・・。
ですから、サラリーマンも副業をした方がよいし、生活防衛でもあります。
副業といっても、できることならあなたのビジネスを展開するのが理想ですね。
そこで、ネットを利用した副業というものを考えてみます。
現在行っている仕事ももはや、リスクヘッジを考えなければならない時代になっています。
いつ突然、会社がつぶれるかわからないし、雇用も定年までなんて保証されていません。

これらはサラリーマンをやっている人すべてに当てはまりうるリスクですね。最近は会社側でも副業禁止条項をはずすところでているようです。

これはどういうことを意味するのか?

会社も将来の雇用を約束できない、ということを暗に意味しているのではないかと疑います。
サラリーマンが副業をすることにより、その人のスキルアップを図る事ができます。
例えば、将来、独立したいという方もサラリーマンには多いと思いますが、いきなり独立してもうまく行くものではありません。独立までにある程度は経営に関する知識、営業、人脈などを身につけることが大事になってきます。

これを副業を通じて実践することができるわけです。サラリーマンが副業により所得が増え、より生活にもゆとりが増えてきます。サラリーマンが副業をすることがいけないとされる時代もそろそろ終わりに来ているのではないでしょうか。

二足のわらじをはかないといけない時代が来ているということですね。
昼はサラリーマン
夜は自分の会社で、自分の仕事・・・・。

なんだかいい響きですね(笑)

テーマ : おこづかい稼ぎの第一歩 - ジャンル : アフィリエイト

公務員の副業

公務員ではありませんが(笑)
気になったので 調べてみました。

公務員副業はできるのか?

気になるところですが、結論から言って、公務員は副業はしてはいけないのです。

なぜ公務員の副業はだめなのかですが、地方公務員の場合は、以下のような条文に違反するからだそうです。

(信用失墜行為の禁止)第三十三条  職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。(職務に専念する義務)第三十五条  職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。(営利企業等の従事制限)第三十八条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

と公務員の副業を制限してます。
公務員は任命権者の許可を受けないと、営利目的の会社等の社長や役員の副業につくことはいけないし、どんな副業でも公務員は報酬をもらえる事務をやってはいけないとのことです。
法解釈の上では、公務員の副業として認められるのは講演料や原稿料は労働の対価として報酬とは考えられないため、公務員の副業として任命権者の許可を必要としないと解されているそうです。しかし、職員が仕事上で得た知識についての原稿料は報酬とみなすということもあります

公務員ってやっぱりダメなんですね・・・・。

テーマ : ブログでアフィリエイト - ジャンル : アフィリエイト

ネット副業で収入を得るには

今回は、ネット副業の収入について見ていきましょう。

副業の副収入では、ネット副業も含めて、やたら高い報酬とか、なぜか費用が発生するなどのものはほとんどが怪しいと思われます。

ネット副業副収入で利益があがらない原因として、次のようなことが考えられます。
①アフィリエイト広告などでは、その広告の提供期間が終了していて副収入を得ることを逃している
②アクセス数と比較して、思っていたよりも副収入が得られない

などが挙げられます。

サイトへのアクセス数があるのに副収入額がそれほど向上しない場合には、アフィリエイト広告の掲載方法や、サイトのテーマとの絡みのある広告であるのかについても見直すことが必要となります。

アフィリエイトのネット副業で副収入をもっと稼ぐためには、サイト訪問してくれた方にひとつでも多くのアクションをとってもらうことが必要になります。

また、ネット副業の1つであるメール受信で副収入を得る方法にもいくつかの種類がありますので、希望の副収入額にあわせて色々なメール受信の副業方法を試してみることです。

ポイントサイトを活用したメール受信の副業は、基本はメールを受信するだけなので、絶対にメール受信した後に、何らかの行動をしなければならないということもなく、成果ノルマがありませんのでリスクが生じることなく副収入を手に入れることができるのですがこれはかなりの量をこなすことになります。

ほかにもネットで稼げる副業方法に、ネット懸賞サイトを利用して副収入や景品を手に入れるといった懸賞型の副業がありますが、これもかなりの量をこなさないと利益が上がらないものです

やたら高い報酬というのは確かに怪しいですよね
情報商材なんかで あおり文句でよく見かけますが・・・・(笑)
へー って感じで見るだけにしています。

アフィリエイトは、まずアクセス数をみてそれからだと思います
といってもそれが難しいんですよね。
あくまで アクセス数と比較してです。
アクセスがすくないのに収入は上がりません。

アフィリリエイトは、サイトに来てもらって
購入するか、クリックしてもらわないと報酬が発生しません。

そこも難しい(笑)

そーかんがえると メール受信は簡単ですが
メール受信で1通 1円くらいでしょうか
ですので 数をこなすことが必要となります

いかがでしょうか
あなたのお役に立てれば幸いです。

テーマ : ネットでお小遣い稼ぎ - ジャンル : アフィリエイト

SEO対策:アフィリエイト
SEO対策:副業
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。